地球温暖化のせいで死亡率が高まる!?

現在、日本全体で猛暑が続いていますね。

日頃から各家庭や企業では、暑さ対策として水分補給をこまめにしたり
室内ではエアコンをつけたり、クールビズで薄手のシャツなどを着用したり
出かける際は帽子や日傘などの熱中症対策をしていますが
対策をしていても暑さで体調を崩す方もいます。

愛知県では、小学校1年生の児童が屋外で校外学習をした後に
体調が悪くなりそのままお亡くなりになりました。

同じ子供を持つ母親としては、学校側は暑い中子供達を連れて
校外学習に行くのは、適切な行動だったのか。

水分補給などをこまめに指導していたのかなど、色々な点で
疑問や疑いを持ってしまいます。

昔と違って地球温暖化は、ひどくなっている一方で、暑い夏の校外学習は
今後禁止にするべきだと思います。

気温が落ち着く春や秋にすると暑さで死亡する児童は減るのでは
ないでしょうか。

それと、水分補給に関して自宅から水筒を持参すること
学校内で夏だけいつでも飲めるウォーターサーバーの設置など検討するのも
ありかなぁと感じます。

あとは、校内ではエアコンをつけて暑さ対策をしっかりすること。
費用がかかってしまいますが、子供の体のことを考えると
少しお金がかかっても安全に過ごせるなら出してもいいかな。

今後このような事故が怒らないことを
心より祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください