東京から一番近い秘境「鶴見線」

JR鶴見駅から出ている「鶴見線」が東京近郊とは思えぬローカル線っぷりでたまらないとのことです。鶴見の工場地帯を走る電車で、乗っている人は沿線エリアの工場や企業で働く人が多いのですが、観光目的の人もけっこう多いのです。
まずおすすめは鶴見の次の駅「国道」は戦前から残る超レトロな駅で、昭和レトロなどことなく場末の雰囲気が漂う中に第二次世界大戦中の銃痕が残っていたりします。
そして終点の「海芝浦」は東芝の私有地の中にあるため「降りられない駅」としても有名ですが、運河に面した駅で、ホームからは海を一望できます。降りられないといっても駅の横に公園があり、自動販売機やベンチも設置されているので、海を眺めならのんびり過ごすことも可能ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください