再建を待っています

日本の誇る家電メーカーであるシャープが、台湾のホンハイにとうとう買収されてしまいました。SHARP(シャープ)というブランド名は残るそうですが、日本人としては複雑な気持ちです。「シャープと言えば液晶」と言うくらいで、同社の薄型液晶テレビAQUOS(アクオス)は大ヒットしました。「世界の亀山モデル」と言われ、もてはやされた時期もありました。しかし、得意の液晶部門で韓国のサムスン電子やLGなどにシェアを奪われ、経営破たんとなりました。シャープの持つ技術力が海外へ流出するのは、残念な気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください