福士加代子のマラソン

1月に行われたリオオリンピック選考レースの大阪国際マラソンで福士選手は2時間22分17秒で日本陸連が定める派遣設定記録を上回りました。
だが、しかし日本陸連はリオオリンピック内定を出しませんでした。
そのため、福士選手は名古屋ウィメンズマラソンに参戦することをほのめかしました。
結果的に欠場することに決まりましたが、この参加表明は福士選手はおそらく派遣設定記録を上回ったのに内定が出なくて日本陸連の考え方を変えてほしいと思ったのでしょう。
もっと選考を分かりやすく平等にできるようにしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください