渡辺直美「オリラジ」中田の言葉で“自分”を見つけられた

渡辺直美さんは、ビヨンセに全然似てないのに迫力のあるパフォーマンスで圧倒する芸風がすごいなって思います。一昔前の芸人さんは、基本的にお馬鹿なボケキャラでも「プロとして考えてやってる」風で、バカにされたくないってスタンスが多いなって感じていました。でも、渡辺直美さんみたいに弱音も吐くし、芸風でも悩んで頑張っているってさらけ出すのはとっても好感が持てます。芸能人て一種のカリスマ性がないと売れないようだけど、長所を磨いて何とか食いつなぐみたいな努力は共感できますね。応援しちゃいます。

武藤嘉紀選手がハットトリック達成!

サッカー日本代表でドイツのマインツに所属している武藤嘉紀選手がハットトリックを達成したというニュースが入ってきました。今年からマインツでプレーしていて10試合連続でスタメン出場しています。ドルトムント所属の香川真司選手とともに今シーズンは好調です。武藤選手はスピードがあって献身的にチームのためにハードワークする所がチームメートから信頼を得て活躍できている要因だと思います。日本代表の試合ももうすぐあるので期待したいと思います。

冤罪の功罪

大阪の女児が焼死した事件で、母親が20年ぶりに当時8歳のご子息と再会し、お墓参りをする映像をテレビで何回か拝見しました。母親の涙がその年月の長さと苦しやさ悲しみを物語っていました。放火ではなく、自然発火の可能性もあるとの事で、再審が開かれるそうです。先日、名張毒ぶどう酒事件の奥西死刑囚が息を引き取ったという、緊急ニュースがテロップで流れていました。冤罪を訴えていましたが、ご存命の間に無罪が確定されればお気持ちが少しでも楽になっていたでしょう。心からご冥福をお祈りいたします。毎日のように殺人事件のニュースが流れる世の中になり、人間関係の絆が薄くなりつつあるのかもしれませんが、一人一人が自分の周囲の方と良い関係づくりを念頭に置いて、日々行動し、生活してほしいなと思います。

話題の若手俳優、鈴木亮平さん

最近気になっているのが、鈴木亮平さん。身長高いしカッコイイですよね。でもちょっとカッコイイなんて今どきそこらへんにいるじゃないですか。でも彼はすごいんです。俳優さんなのですが、プロ意識が半端ありません。病的な役柄の時に体重20キロ落としたり、マッチョ役の時には体重プラス30キロですよ。NHKの朝の連ドラに出ていた時に初めて見たのですが、演技もなかなかうまいです。少女漫画で大人気の「俺物語」の実写映画に出ているので、ぜひ見たいです。きっと素晴らしい演技を見せてくれるはず。

かわいい「ねこ鍋」を作るには3つの秘訣があった!

数年前に話題になったねこ鍋。「ウチのコでもねこ鍋やりたいけど入ってくれない…」という方のために、ねこ鍋のコツを紹介します。

その1..鍋はたくさん置いておく
たくさん置いておくほうがネコちゃんが入ってくれる可能性があがります。

その2.いろんな種類を用意する
ネコちゃんがどの鍋を気に入るかは分かりません。大きなもの、小さなもの、深いもの、浅いもの、いろいろな種類の鍋があるほうがいいでしょう。

その3.カメラはいつでも手元に
気まぐれなネコちゃんがいつ鍋に入ってくれるかは分かりません。いつでも撮影できるようにデジカメやスマホはいつでも手元に置いておきましょうね。